振袖

若い女性の第一礼装

若い未婚女性が着る第一礼装として親しまれている振袖。その歴史は約400年前の江戸時代初期、踊り子たちが袖を振ることで愛情を表し、未婚女性が異性に想いを伝える際にそれを真似ていたことから、未婚女性が着るものになったと言われています。
名前の通り、振ることができるほどの長い袖が特長の振袖は、大振袖・中振袖・小振袖と3種類あり、袖が長くなるほど格が高い着物となります。色柄も豊富で華やかな、若い女性の慶事に欠かせない振袖をぜひ優彩でご覧くださいませ。

主な利用シーン

  • 振袖

    大振袖はご自身の結婚式や、成人式に

    一番格式高い大振袖は、結婚式や成人式など改まった式典で着用されます。結婚式のお色直しに着用されることもあります。

  • 振袖

    結婚式ゲストで出席する時や成人式に着用する中振袖

    自身が主役の時でも、ゲストの時でも、艶やかな中振袖を着用することで式典を華やかにします。

  • 振袖

    小振袖は卒業式の袴に合わせたり、観劇やパーティにも

    華やかな席で身軽に動きたい時は小振袖の着用をお勧めします。気軽に着用できる振袖です。

ギャラリー

振袖
振袖
振袖
振袖
振袖
振袖

ACCESS

優彩では季節商品も
年中取り扱っております。
ぜひお気軽にご来店くださいませ。

アクセスについて