浴衣

夏に着る最もラフな着物

浴衣は夏によく見られる最も身近な着物です。もとは平安時代の貴族が入浴時に来ていた「湯帷子 (ゆかたびら)」という麻の単衣でした。その後、江戸時代になると、湯上りにバスローブのような目的で着たり花火大会などで広く用いられるようになり、今では夏のイベントには欠かせない着物として定着しています。
自宅でも洗濯できる素材の浴衣や、様々な個性的アレンジが楽しめる浴衣は若い世代にも人気です。色柄も数え切れないほどの種類があるので、お気に入りの浴衣を見つけてみてはいかがでしょうか。

主な利用シーン

  • 浴衣

    夏祭り

  • 浴衣

    旅館

  • 浴衣

    普段着

以前は夕方以降に着るものとされていた浴衣も、現代では様々なシーンで見かけます。夏祭りや花火大会はもちろん、浴衣を着て来場すると特典のあるイベントや施設なども増えており、洋服感覚で気軽に着る人が増えています。

ギャラリー

浴衣
浴衣
浴衣
浴衣
浴衣
浴衣

ACCESS

優彩では季節商品も
年中取り扱っております。
ぜひお気軽にご来店くださいませ。

アクセスについて